1/4

 よけ藩国の今後について、最近活躍中の七観六弦さんから質問をいただく。
 紺碧さんの回答もよくまとまってるけど、一応、藩王としても、回答を。
 ……長くなりすぎた。ごめん。

○よけ藩国およびアイドレスの歴史

 まず、最近、始められた七観さんには、実感がないと思いますが、アイドレスのシステムは段階的に発展しています。
 ゲーム的に言うと、最初は簡単な課題で、それをプレイヤーがクリアできるようになると、段階的に要素が増えていっているわけです。

 なので、昔のアイドレスは、今ほど要素がなくて単純だったりします。

○アイドレス1

 さて、アイドレス1の歴史は、戦闘の歴史でした。
 国の内政や国民とかに関するシステムは、あんまり無かったので、戦闘がメインであったわけです。

 その戦闘で、主力を握ったのが、I=D(人型メカ)による長距離攻撃です。
 理由は幾つかあります。

・舞踏子系の職業アイドレスで、燃料消費せずに、修正がつけられたこと。
・I=Dに複数のパイロットを乗せることで、人数分の修正が得られたこと。
・長距離攻撃型は、偵察も同時に兼ねられたこと(どっちも感覚が必要)。
・I=Dが使えるニューワールド上の戦闘が多かったこと。

 などです。
 これに対して、森国人の詠唱系アイドレスは

・燃料消費が多い。しかも森国では燃料が取れない。
・詠唱系の乗れる乗り物が、あまり開発されなかった(未婚号ってのがあるんですが、進化しませんでした)。
・魔法使いは歩兵扱いなので、AR10。I=Dに比べて動作が遅い。

 あたりの理由で苦戦を余儀なくされました。

 アイドレス後半になり、こちらから侵略するようになると、レムーリアなど、I=Dが動かない地域も出てきます。
 ここについては、暁の円卓藩国が、対レムーリア特化型国として立国し、白兵系の職業アイドレスとその援護を固め打ちすることで、地位を確立。
 以降、レムーリアでは、暁の円卓を主力として、他がサポートするという形ができます。

 このへんは反省であって、詠唱系アイドレスが弱いという話ではありません。うまく使い損ねた、ということですね。

○アイドレス1.5~

 さてさて、そういうわけで、基本、アイドレス1では、I=Dおよび西国系主体で、ゲームが進みました。
 プレイヤーレベルでは、もちろん、色々な人がみんなで協力して活躍したので、そんな風に簡単にはまとめられませんが、アイドレス国民から見た世界情勢としては、そんな感じでしょう。

 そしてアイドレス1.5から、ワールドシミュレーターが強化され、各国の内政や人口、経済事情が、より細かくゲームに反映するようになります。

 アイドレス1の世界情勢と、森国人の元々の設定から、伝統文化の国、森国人と、先進工業国、西国人という形になっています。

 現実の地球の南北問題ですな。

○悪戦苦闘

 アイドレス1.5あたりは、そのへんで、森国人国家は、色々悩みます。

・援助を受けると、西国資本が進出して、ビル開発されまくり。
・かといって援助を受けないと、経済的に孤立
・自然を守らないと、乱開発。
・頑張って自然を守って開発を退けたら、国土の価値下落。

 ……まぁ現実の途上国と援助周りの問題そのままの状況が現れたわけです。
 毎度楽しいっつーか、ひどいゲームだよね(笑)

 ちなみに森国以外でも、各国まんべんなくひどい目にあっています。

 これはどういうことかというと、これまでは戦争だけするゲームだったのが、これからは内政もするゲームになったということです。

 倒すべき敵として、これまでは「オーマ」やら「セプテントリオン」やらがいたわけですが、これからは「人口問題」「環境問題」「人種・文化問題」その他諸々が、新たな敵として登場した、と、考えるといいでしょう。

○今後のよけ藩国

 さてさて、で、今後のよけ藩国です。

 グローバルスタンダードと経済統合の大波の中で、伝統文化の国がいかに生き残るかってのは、大変に燃える課題ですね。
 がんばってやるしか。

○個別の質問

・先日、発表された設定国民幸福度ランキングの芝村さんの発言はどうとるべきなのでしょうか

芝村 > よけの民は自らが幸せでないとゆかりが安らかに眠れないと思ってる (12/31-00:47:30)

 これですね。

 海法ゆかりという人は、不幸な人がこの世にいる限り、どこまでも駆けつける人です。今は、多分、無名騎士藩国あたりで何かと戦っているでしょう。その心は本当にありがたい上で、多分に働きすぎな人なので、みんな、もう少し休んで欲しいと願っています。
 だから、皆、幸福である、と、自負しているわけです。

 で、それはそれとして、一般的な雇用、食糧、衛生の問題からすると、まだまだ問題はあるが、少し落ち着いたというところでしょう。

・この国は資金が無いということを知りました。これはすなわち売るものが無い、商業になる要素が現状ないということなのでしょうか。

 資金は二つの意味があるから注意してね。
 一つは、よけ藩国の、文殊に登録されてるリソースとしての資金。
 もう一つは、設定国民の経済上の資金。

 前者は、ターンごとの税収とかで、そこそこ何とかなってます。

 問題は後者ですね。

 よけ藩国は、伝統文化の国です。
 単純に言うと、田舎の民俗工芸品みたいな感じで、観光客に、ちょっとは売れるにせよ、国を支えるほどの勢いは全く無い。

・都市部と森国ゆえの伝統という二面のバランスという話を耳にしました。現状何か軋轢や問題が起きているのでしょうか。それともこれから経済発展を遂げた場合に、問題は起こるのでしょうか。(貧富の差、環境問題などでしょうか。)非常に嫌な表現になりますが、「森国である」ことが「文明的発展」を行なえない要因であるということなのでしょうか。

 目のつけどころが良いです。
 単純に言うと、それらの問題は、構造的であるが故に、起きまくっており、今後も起きるでしょう。

 ……あーえー、この言い方だと、心折れる人が出そうですね。

 国の運営というのは、自転車を漕ぐようなもので、走ってないと、たちまち転びます。

 なにもしないでいいというのが「安定」や「平和」なら、そういう「安定」「平和」は、夢の中にしか存在しません。

 よけ藩国は、よけ藩国であるが故に、そういう問題が何度も自転車を傾けようとするでしょう。そのたびに、ハンドルをしっかり握り、ペダルを漕いでゆこう、ということです。

 さらにいうと、この先、起きるだろう問題を把握して、あらかじめ手を打っておければ、言うことはないです。

○具体的な方策

 というわけで、とりあえずの目標としては。

・伝統文化を維持しつつ、経済的な地力をつける
・国内vs国外、および、国内のさまざまな文化に発生する軋轢をなんとかする
・アイドレス的にも活躍する
・色々な苦難があっても国民が頑張ろうと思う気持ちを作る

 といったあたりになります。

 じゃぁ具体的にどうやるのかというのは色々ありますが、ひとまず、この前、芝村さんと質疑したのが、こちらに。
(12/26の日記をまとめたやつね)

http://dl.getdropbox.com/u/7134/yoke-kongo-matome.txt

 巨大ドックあたりを基点にして色々頑張ろうと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

七観六弦
2009年01月05日 00:52
詳細な回答ありがとうございます。
資金にも二つあるのですね。
今後の発言には出来る限り注意したいと思います。
一語が、あらゆる致命傷になりかねない怖さを持っているゲームですし。

状況を多少理解できたと思います。
丁寧な返答ありがとうございました。
いい国にしていきたいですね!

この記事へのトラックバック